お知らせ

ZEHの取り組み

 

当社では、「平成28年度ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通りZEH事業計画を策定しました。

 

● ZEHの普及率目標と実績

当社の2025年度までのZEH普及率目標及び実績は以下の通りです。

実績は年度ごとに更新します。

 

2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度2021年度2025年度
受託率目標3%10%15%25%50%100%100%
実績0%0%0%0%0%0%
 

● 具体的なZEHの普及策

1)ZEHの周知・普及に向けた具体策

・ホームページ等を通してZEH住宅の告知・普及を行います。

・お客様が理解しやすい資料の提示を行い性能や効果をPRします。

・社内研修等を行いZEH住宅についての知識・技術の向上に努めます。

2)ZEHのコストダウンに向けた具体策

・ZEH仕様の標準化を図り、各建材や設備機器等のメーカーとの協力を図りコストダウンや資材ロスの削減を行います。

3)その他の取り組みなど

・ZEH住宅の標準仕様の更なる研究改善を図り、各住宅に応じた創エネに頼らない高断熱、省エネ住宅を提案し、イニシャルコスト及びランニングコストの低減を通じて、地球環境保全への意識づくりをお客様へ伝えていきます。

● 2020年度のZEH普及活動の総括

受注住宅すべてにおいて高断熱化・省エネ化が進み、創エネ設備の普及率が50%となりました。今後も普及活動を続け、100%を目指します。

● 2020年度の普及率が50%以上を達成したことについての理由

創エネ設備の設置のあった住宅は、建築時期により補助金の活用ができずZEH化の希望がありませんでした。今後も創エネ設備の普及を中心としてZEHの普及活動を続けていきます。

● 2020年度の普及率目標未達成の場合の理由と今後の対策

☑ 補助金がもらえないから / ☑ 顧客の理解を引き出すことができなかった /☑ 工期の問題