家づくり

リフォームについて

リフォームについて

今回はちょっと気になることについて

書いてみようと思います。

それは外壁や水廻りのリフォームについてです。

最近よく広告等で塗装業者や外壁専門と謳う

業者の外壁リフォームや設備業者の水廻り

リフォームの宣伝を見かけます。

彼らは、専門業者だから安心、直接工事を

するので中間マージンがなく安いといったことを

宣伝文句に直接お客様に営業をかけ工事を

受注していきます。

一見すると、安心で安く出来るのだから

良いことばかりのように感じるかもしれませんが

実はとても危険なことだということを

お話ししたいと思います。

まず一つ目は、彼らは、塗装や外壁や水廻りの

専門家だと言っています。

でも、それらは建物を構成する一部分であり

自分が得意とする範囲はとても狭いものなのです。

分かり易く言うと、もし、塗装屋さんに外壁の

リフォームについて相談したならば、きっと

自分の得意分野である塗装での提案しか

行わないと思います。

外壁専門業者さんならば、外壁の張り替えや

上張りを提案されるでしょう。

そんな彼らが、どうして建物の構造や外壁の

現在の状況を十分に理解した上で、

ベストの提案が出来ると思いますか。

建物のことを理解し、ベストな提案が出来るのは

やはり建築士です。

そして、建物は建築基準法により様々なことが

定められていますし、建築士法では建築士で

なければ出来ない建物の範囲が定められています。

建物の用途等によっては外壁や屋根の

リフォームが建築基準法等の違反になる

恐れすらあります。

失礼かもしれませんが、彼らは建築士では

ないため多分理解していないでしょう。

とりあえずその場しのぎのいい加減な工事を

してしまったばっかりに後で大変な苦労をした

という話もよく聞きますので、十分に気を付ける

必要があります。

また、安いと思った工事が実は出鱈目なくらい

高かったということが結構頻繁に実例として

あるというもこの業界ではよく聞く話です。

このような悪徳とも言うべき業者は、

あるエリアに営業マンが数人で乗り込み

一日かけて各家庭を隈なく廻りこのお宅はここが

痛んでますよ、早く治さないと大変ですよと

不安をあおり一気に契約まで進めていくそうです。

そして、なぜ高いかというとその営業マンは

成績や売り上げ利益に応じて給与が決まり、

高く契約する=自分の取り分が増える

という図式の為普通では考えられない価格で

契約となるそうです。

このようなことが平然と行われているなんて

本当に怖いですよね。

まあ、これはある意味極端な例かもしれませんが。

あと、皆様は住宅の取得(新築、新築住宅の取

得、中古住宅の取得)や一定の増改築リフォーム

工事を行って10年以上のローンを組んだ場合

に、納めた所得税が戻ってくる

「住宅ローン減税」(住宅借入金等特別控除)

という制度をご存じですか。

リフォーム等の工事を行い、

この制度を利用するために手続きをする場合、

提出書類として増改築等工事証明書というものが

必要となる場合があります。

そして、この証明書を発行出来る人は

以下のいずれかの人となっています。

・建築士事務所登録をしている建築士

・指定確認検査機関

・登録住宅性能評価機関

・住宅瑕疵担保責任保険法人

ここに示されている

建築士以外の機関や保険法人というのも

建築士以外の人が申請や依頼をすることは

ちょっと難しい機関であると言えるため

建築士が関わっていないと

この「住宅ローン減税」の申請が出来ないと思います。

せっかくの減税措置を知らないまま

利用できないなんてこともあるのではないでしょうか。

そんなことなんかを考えると

やっぱりリフォームにおいても

建築士がちゃんと関わって提案する

私たちのような会社に依頼するほうが

良いと思いませんか。

私たちは言わばお客様の

「おかかえ設計士」

「おかかえ工務店」

でありたいと思っています。

一度きりのお付き合いではなく

末永く様々なご相談にお応えしたいと思い

ますし、そのスキルも十分にあると思います。

建物トータルの専門家として

偏った提案でなく

ベストな提案をいたします。

ぜひ、お気軽に私たちにご相談ください。